So-net無料ブログ作成

クロックスという名前の由来

クロックスとは、全世界で人気のある軽い合成樹脂製の靴であり、またその靴を販売する会社(Crocs Inc.)である。
日本にはシンガポールに本社を置くクロックス・エイジア・プライベート・リミテッド(crocs asia pte. ltd.)の日本支社、クロックス・ジャパンがある。
公式サイトによるとクロックスという名前の由来はクロコダイルにあり、ロゴも黒字に白のクロコダイルの上半身をデザインしたものである。なお、クロコダイルの名前は、デューク(Duke)。
クロックス社はアメリカでリンドン・デューク・ハンソン(Lyndon "Duke" Hanson)、スコット・シーマンズ(Scott Seamans)、ジョージ・ボーデッカー(George Boedecker)[1]の3名によって2002年7月に創設された。
同社はカナダ・ケベック州のフォームクリエーション社が開発製造した軽いプラスチックの靴を販売するために、コロラド州・ボルダーを本拠地として設立された。滑りにくい事や足跡のつきにくい特徴からもともとは舟遊び・アウトドアの靴として考えられており、クロックスの最初のモデル「ザ・クロックス・ビーチ」は2002年10月にフロリダ州・フォートローダーデールのボートショウで発表された。そこでは当時製作された200足が完売した。口コミで履き心地の良さが評判となった事や明るい色、軽さ(約170g)、今までにないユニークなデザインなどのおかげで小規模な販売活動にもかかわらずクロックスはアメリカや他の国でも人気商品となった。売上げの増大に裏付けられる様に2007年現在も取り扱い品目の人気は衰えず流行の様相を呈しており、同時に熱狂的な支持[2]と不支持[3]の両意見がある。
クロックスはアメリカの2006年度プロビーチバレー協会(AVP:Association of Volleyball Professionals)のスポンサーである。

クロックス
クロックス 激安

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。