So-net無料ブログ作成

クロックスサンダルが大人気の原因

実は私、7年来(正確には覚えてないが、そのくらい)のCrocsファンである。このCrocs、日本での販売戦略についてはかなり苦戦の歴史を持っているように思う。私はクロックスを愛しているからその分若干主観が入るかもしれないが、いまやおしゃれなシューズ界隈に顔を突っ込もうとさえしている元プロ〜ハイアマチュアユースブランドの姿を、実体験を交えながら追ってみたい。
  2002年のフロリダ州・フォートローダーデールのボートショーでアンテナショップ的に発表された「クロックス・ビーチ」を皮切りに、USで草の根的でありながら、その快適さと独特のはき心地でアウトドア愛好者をはじめとしたレクリエーショナブルな層に対して爆発的名広がりを見せたのがクロックスの始まり。
  2004年〜2005年ころ、日本でなんとか手に入るようになったくらいの時期のクロックスにはラインナップ等という言葉は存在せず、クロックスと言えば「ケイマン」しかなかった。ビーチや街中でも、もはやおなじみのこの形だ。 でも他にバリエーションが無かったわけではない。当時の売り文句をそのままかいつまむと、ケイマンはトレッキングやハイキング等、アウトドアレジャーを楽しむハイアマチュア的な層の人達に向けて作られたシューズだった。独特のはき心地は、グリコ風にいえば「1足300km」的な感じで、どこまででもある着続けられそうな、そんな爽快感とフィット感があり、上部に向かって開いている穴のおかげで爽快感は履き続けている間中持続するほどだ。

クロックス
クロックス 激安

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。