So-net無料ブログ作成

クロックスのレインブーツ(長靴)でおすすめ教えてください。

質問:レインブーツ(長靴)でおすすめ教えてください。 クロックスのレインブーツでいいですか?
回答:クロックスのレインブーツは、塩化ビニル(PVC)という全体的に硬い素材なので、筒の長さでちょうど脛が履き口に強く当たるのだと思います。足の動きに追従性のある天然素材を使ったものを探すと良いと思います。自分もクロックスのサンダルを所有していますが、テントサイトで履いたり、山に行く際の車の運転の際に履く程度です。とってもいいと思います。
【サイズ】 20cm~25cm
【素材】クロスライト素材
【コメント】もう憂鬱な雨の日とは、さようなら!・全体に「クロスライト」素材を使用したレインブーツ。・「クロスライト」素材のアウトソールで、歩きにくい雨の日もスムーズな歩行を実現。耐久性も十分!・個性を演出するジビッツホール付き。
【商品名】crocband jaunt women’s
クロックスの誕生は、2002年7月。アメリカ コロラド州ボールダーに住む3人の創業者が、フォーム・クリエーション社の開発した一風変わったシューズを市場に売り出そうと決めたことからはじまりました。

はじめは、滑りにくく足跡のつきにくい靴底という特徴から、ボートやアウトドアのシューズとして売り出そうと考えました。2002年11月、「フォート・ローダーデール・ボートショー」にて、ファーストモデルの“ビーチ”を発売。そこから、人気が膨れ上がり、注文も殺到。2003年になる頃には社会現象となり、快適でファッショナブルな多目的シューズとして広く一般に受け入れられるようになりました。

クロックス
クロックス通販 激安

クロックスのモデルラインアップ

色はモデルによって様々である。ビーチ(Beach)とケイマン(Cayman)は20色以上の色がある。他のほとんどのモデルは4から6色の色彩または2色の組み合わせである。

cayman(ケイマン)
一番ポピュラーなモデルでベーシックモデル。カラーバリエーションは11。
Baya
crocs社が新定番と銘打っているモデル。カラーバリエーションは14。caymanとそっくりであるが、横の通気口がcrocsというブランドロゴの形になっている点が大きな特徴である。

Clog
prepair clog、crostrail clog、modi clogの4モデルでシリーズ扱いとなる。どのモデルにも共通することが、caymanとbayaでの上部通気口が丸型ではなく独特な形状をしているのが特徴。santa cruz clogには穴が全くなく素材は同じであるが、サンダル色が強いモデル。

Crocband
ソールにラインを施したモデル。カラーバリエーションは13。

Yukon
カラーバリエーションは3。

Bistro
料理関係者に向けたモデル。「マリオ・バターリからお墨付きを受けた」というBatali edition(オレンジ色)とBistroモデル(6色)が存在する。

クロックス
クロックス通販 激安

クロックスのサイズ選択に気をつけてベリーカラーのW7サイズを購入しました。

品物はとても気に入ったので5つ星です(^^)

  ただ、サイズ表示について困った点がありました。
私の普段の靴は23.5cm、足幅が普通で足甲が薄めです。
品物は大きめとのレビューを読んで、W7(23cm)にしたのですが…
履いてみると、指をいれてもすき間があるほど大きくてびっくり!
商品ラベルも「W7(23cm)」となっていましたが、どう見ても24cm以上ありそうです。私にはブカブカで、歩こうとすると脱げてしまうのでW6を再注文しました。

  あんまり腑に落ちないので、改めてサイトの商品ページを見直すと、サイズ選択ボタンの隣に「サイズ情報」ってのがあって、そちらではW7は24.5cmとなっていました(-_-;)
ラベルの表示は日本人の足幅や甲を加味したのかも知れませんが、足の長さでは「サイズ情報」の方が正しいようです。このことはアマゾンさんにお知らせしてますが、5月21日の時点ではサイズ選択ボタンの表示に変更がないので、買われる際にはサイズ情報を確認されるといいですよ。

クロックス
クロックス通販 激安

クロックスのサイズ問題についてのレビューをご覧ください

A様「私はビジネスシューズ(幅3E)が27.5~28cm位で、スニーカー(幅3E)だと28~29cmぐらいの感じの大きさですが、ケイマンだと長さ的にはストラップをした状態で29cmでちょうどでしたが、Bistroだとケイマンよりストラップをした状態で、若干大きいですね。ストラップの取り付け位置の関係でしょうか?」
  B様「ベリーカラーのW7サイズを購入しました。
品物はとても気に入ったので5つ星です(^^)
ただ、サイズ表示について困った点がありました。
私の普段の靴は23.5cm、足幅が普通で足甲が薄めです。
品物は大きめとのレビューを読んで、W7(23cm)にしたのですが…
履いてみると、指をいれてもすき間があるほど大きくてびっくり!
商品ラベルも「W7(23cm)」となっていましたが、どう見ても24cm以上ありそうです。私にはブカブカで、歩こうとすると脱げてしまうのでW6を再注文しました。」
  C様「私のサイズは26cmなのですが、ジャストサイズの26cmにするか、ゆったりサイズの27cmにするか悩みましたが、悩んだあげくジャストサイズの26cmで注文しました。(あらためて足を定規で測りました。)
結果正解でした。数字はジャストですが履いてみるとわりとゆったりでした。
おそらく、もともと余裕を持ったサイズにデザインされているためだと思われます。
ですので、サイズで悩まれている方はジャストサイズでの購入をお勧めします。」
  D様「色、デザイン、サイズ、すべてにおいて気に入りました!
ふつうの靴の場合は22.5CMから23CM、CROCSはW6を履いています。同時に購入したCARLIEはW6でぴったりでした。でも、他の方も書いているように、このタイプは購入時のままでは大きすぎ、中敷を敷いてもまだちょっとぶかぶかする感じ。ワンサイズ下で良かったかと思います。ただ、とても軽いし、デザインも良いですね。
クロックスはデザインによってサイズが全然違うので、必ずお店で
試してみてから買う様にしています。
他のデザインのクロックスを3足持っていますが、それらは全て
W8=24センチです。(通常のパンプス等も24センチを履いています。)
幅広な私ですが、こちらは仕事帰りの夕方でもストッキングで
W6=22センチで履けました。
お店の方もこのデザインは1サイズ下・場合によっては2サイズ下で
大丈夫と言っていました。
今回はこれから秋・冬に向けて靴下や厚めのタイツで履きたかった
のでW7=23センチを購入。
少し大きい感じですがW6ではきつい感じでしたのでW7で良かったと
思ってます。」

クロックス
クロックス通販 激安

クロックスのサイズの選び方

クロックスのシューズ は、シューズのデザインによりそれぞれサイズが違います。普段履いているシューズのサイズでお選びいただくのではなく、足の実寸を目安にお選びいただく事をおすすめしています。
サイズ表
サイズ選びについての詳細は、各商品ページの「サイズ・仕様について」をご覧ください。
ユニセックスUNISEX
cm 22cm 23cm 24cm 25cm 26cm 27cm 28cm 29cm 30cm 31cm
M4/W6 M5/W7 M6/W8 M7/W9 M8/W10 M9/W11 M10/W12 M11 M12 M13
メンズMENS(靴底にMと刻印されている製品がMENSサイズとなります。)
CM 22cm 23cm 24cm 25cm 26cm 27cm 28cm 29cm 30cm 31cm
M4 M5 M6 M7 M8 M9 M10 M11 M12 M13
ウィメンズ WOMENS(靴底にWと刻印されている製品がWOMENSサイズとなります。)
CM 20cm 21cm 22cm 23cm 24cm 25cm 26cm
W4 W5 W6 W7 W8 W9 W10
オーキッド orchid(orchid(オーキッド)は、他WOMENSシューズとサイズ展開が異なります。サイズ選びについての詳細は、商品ページの「サイズ・仕様について」を確認ください。)
CM 21cm 21.5cm 22cm 22.5cm 23cm 23.5cm 24cm 24.5cm 25cm 25.5cm 26cm
W4 W4.5 W5 W5.5 W6 W6.5 W7 W7.5 W8 W8.5 W9
キッズ KIDS(KIDS(dual)は靴底のサイズ表記に2サイズが刻印されている製品です。
KIDS(whole)は靴底に1サイズのみ刻印されている製品です。)
Cm 12cm 13cm 14cm 15cm 15.5cm 16.5cm 17.5cm 18cm 18.5cm
Dual C4/5 C6/7 C8/9 C10/11 C12/13
Whole C4 C5 C6 C7 C8 C9 C10 C11 C12

CM 19cm 20cm 21cm 22cm 23cm 24cm
J1 J2 J3 J4 J5 J6


クロックス
クロックス通販 激安

クロックスのゴルフシューズが春に展開される。

アウトドア、スポーツなどの運動に似合うジュースクロックスは、最初、滑りにくく足跡のつきにくい靴底をテーマにアウトドア、スポーツ、ウォータースポーツを愛するコロラド人がありとあらゆる場面で心地よく生活するために開発しました。
  これはまだ詳細は未定のようだが、春にはゴルフシューズが展開されるとの事で、2モデルだけ展示があった。
上記をはじめ、今期のクロックスのニューリリースは、総じてアイテム数もそう多くはなく、「必要とされているものをきちんとリリースしながら、多少冒険はする」と言う印象で、売りであるクロスライトの可能性を最大限模索しながら様々なバリエーションを試し、行き着いたのが原点回帰だった、そんな事を思わせる商品展開だった。そういうリリースを見た後は、前年度までのとっ散らかったバリエーション展開も多少納得がいく。

  あのまま東○靴流○セ○ターと肩を並べるラインナップを実現しようとタコ足のように商品展開がひろがってしまっていたら、どうしようかと思っていたところだった。 どうやらまだまだクロックスに「らしさ」は健在のようだ。
  やっぱりクロックスは最高だと思う。

クロックス
クロックス 激安

クロックスという名前の由来

クロックスとは、全世界で人気のある軽い合成樹脂製の靴であり、またその靴を販売する会社(Crocs Inc.)である。
日本にはシンガポールに本社を置くクロックス・エイジア・プライベート・リミテッド(crocs asia pte. ltd.)の日本支社、クロックス・ジャパンがある。
公式サイトによるとクロックスという名前の由来はクロコダイルにあり、ロゴも黒字に白のクロコダイルの上半身をデザインしたものである。なお、クロコダイルの名前は、デューク(Duke)。
クロックス社はアメリカでリンドン・デューク・ハンソン(Lyndon "Duke" Hanson)、スコット・シーマンズ(Scott Seamans)、ジョージ・ボーデッカー(George Boedecker)[1]の3名によって2002年7月に創設された。
同社はカナダ・ケベック州のフォームクリエーション社が開発製造した軽いプラスチックの靴を販売するために、コロラド州・ボルダーを本拠地として設立された。滑りにくい事や足跡のつきにくい特徴からもともとは舟遊び・アウトドアの靴として考えられており、クロックスの最初のモデル「ザ・クロックス・ビーチ」は2002年10月にフロリダ州・フォートローダーデールのボートショウで発表された。そこでは当時製作された200足が完売した。口コミで履き心地の良さが評判となった事や明るい色、軽さ(約170g)、今までにないユニークなデザインなどのおかげで小規模な販売活動にもかかわらずクロックスはアメリカや他の国でも人気商品となった。売上げの増大に裏付けられる様に2007年現在も取り扱い品目の人気は衰えず流行の様相を呈しており、同時に熱狂的な支持[2]と不支持[3]の両意見がある。
クロックスはアメリカの2006年度プロビーチバレー協会(AVP:Association of Volleyball Professionals)のスポンサーである。

クロックス
クロックス 激安

クロックスというブランドの優れた点

 商品紹介最高にイケてるミッキー・クロッグ! 一体成型された「クロスライト」素材が極限のライト ウェイトクッショニングを実現。クラシックなバルカナイズドスタイルにインスパイアされた スポーティなミッドソールバンドには、ミッキーの頭のシルエットをプリント。さらなるフィッ ト感をもたらす「クロスライト」素材のヒールストラップ。ミッキーの頭の形のホールが通気 性をアップ。

ブランド紹介
  CROCSは、米国コロラド州デンバーに本社を置くグローバルな靴製造メーカーです。アウトドア、スポーツ、ウォータースポーツとありとあらゆる場面での履き心地を追求した靴の開発・製造を行っています。その素材には、独自開発した「クロスライト」という特殊樹脂を使い、靴底の厚さや前後に可動するストラップなどにもこだわった機能的なデザインを生み出してきました。すべてのクロックスシューズには、この「クロスライト」素材が使われています。この「クロスライト」素材が、抗菌性と防臭性に優れ、快適な履き心地と軽量性を約束する、人間工学に基づいたリサイクル可能*なシューズづくりを可能にしているのです。このような特徴を持つクロックスのフットウェアは、日常生活だけでなく、業務時やレクリエーション時の使用にも最適です。

クロックス
クロックス 激安

クロックスで厨房用の靴を発見!!

私はコックです。いつも調理場で仕事しています。厨房で水を激しく流したりして、安全靴やサンダルだといつも靴下までびちょ濡れになっていました。面倒くさいなあ。毎日靴の問題に悩みます。とってもいやな感じです。
でも、クロックスを購入直後は固く感じますが、1週間もすれば慣れると思います。
  
長年厨房での仕事をしてますが、気に入ってます。
もう2足目です。これならある程度は大丈夫です。
夏場は実際蒸れますが、水に濡れるよりは、と思ってます。
結構激しく動く仕事ですが、1年以上持ちました。
普段の靴は25.5~26センチを履いてますが
自分の場合は25センチを履いてジャストフィットでした。
  
  滑らないし履き心地も軽いので疲れませんよ。
このシリーズは足先の穴がないので、洗い物でもし水がかかっても足が濡れる事もないので安心です。
ビストロとゆう名前の通り、厨房周りで使うには最高だと思います。
調理を仕事にしておりますがこのクロックスビストロ以外に調理用シューズは考えられません。
どうしても油の浮いた足場で仕事しなくてはならない時もこれなら滑らなくて安心、
  何度も言いますが、もうこれ以外は考えられません。

クロックス
クロックス 激安

クロックスサンダルが大人気の原因

実は私、7年来(正確には覚えてないが、そのくらい)のCrocsファンである。このCrocs、日本での販売戦略についてはかなり苦戦の歴史を持っているように思う。私はクロックスを愛しているからその分若干主観が入るかもしれないが、いまやおしゃれなシューズ界隈に顔を突っ込もうとさえしている元プロ〜ハイアマチュアユースブランドの姿を、実体験を交えながら追ってみたい。
  2002年のフロリダ州・フォートローダーデールのボートショーでアンテナショップ的に発表された「クロックス・ビーチ」を皮切りに、USで草の根的でありながら、その快適さと独特のはき心地でアウトドア愛好者をはじめとしたレクリエーショナブルな層に対して爆発的名広がりを見せたのがクロックスの始まり。
  2004年〜2005年ころ、日本でなんとか手に入るようになったくらいの時期のクロックスにはラインナップ等という言葉は存在せず、クロックスと言えば「ケイマン」しかなかった。ビーチや街中でも、もはやおなじみのこの形だ。 でも他にバリエーションが無かったわけではない。当時の売り文句をそのままかいつまむと、ケイマンはトレッキングやハイキング等、アウトドアレジャーを楽しむハイアマチュア的な層の人達に向けて作られたシューズだった。独特のはき心地は、グリコ風にいえば「1足300km」的な感じで、どこまででもある着続けられそうな、そんな爽快感とフィット感があり、上部に向かって開いている穴のおかげで爽快感は履き続けている間中持続するほどだ。

クロックス
クロックス 激安

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。